アレキサンダーの死のために

のバージョン 「有毒攻撃 " (酩酊 「男性」) アレクサンダー.

再び主人公プトレマイオス. 主に - - 一般/ボディーガードが、のプリンシパルとしてすべての責任彼が食べたとアレクサンダーを飲みました.

以下の根拠によると、, 彼の「援助」なし, 毒はどのような方法で彼のガラスに自分の道を見つけることができませんでした「疑わしい司令官」. 彼は彼の作品を得ていたどのように多くの敵を十分に認識した人.

戦争と国家.

速い常に「ファーストクラス」マケドニアに違反する「多国籍帝国」を構築しました。. そのうち、すでに多くを殺しました. 一度に進化しサムシング, 毎日, より速く.

しかしではありません, すべてのこの致命的な危険な陰謀の「背景」はここでそれを見ることはありません. 主に他のものの中にマケドニアの役員は、彼が死んで望んでいた将軍/スタッフの多くは、すぐに次のノートを捧げるますので、.

「生物学的攻撃」のバージョンについては (感染症とアレクサンダーの意図的な汚染, 例えばチフス) 以前に開発されました. 以下の抜粋は、非常に興味深い本「アレキサンダー大王の謎の死」からです, Pの. ドハーティ, エド. Enalios, s.295. ふてくされて、この歴史的な場合に沈黙、著者は深さに用語を分析します (文字通り) 幻想的な「法医学的分析」...

」...プトレマイオスべき, したがって, 5月29日その運命の宴で主導的な役割を果たしています 323 例えば. われわれの情報源は非常に固有のものです. アレクサンダーは公式晩餐会に出席しました. 彼が引退する準備ができていました, 彼はCômoiやごちそうにMidiosによって招待されたとき.
プルタルコスは伝えます:
」...ある日, 彼はネアルコスの名誉に豪華なごちそうを開催した後、, 彼が行ってきました, 通常通り, さわやかなお風呂を取ります, その残りの退職後. 間に, Midiosが来て、彼は饗宴に出席するために招待されたと王はchatiriを台無しにすることができませんでした... ".
ディオドロスは「彼Midios Thessalosを警告することを改めて教えてくれる, CômoiIN出席するために彼の友人の一人」. アッリアノスは実質的に同じで再現します. Η εντύπωση που δίνεται μέσα απ’ όλα αυτά τα κείμενα και επιβεβαιώνεται από τη «Φυλλάδα» στο Αλεξάνδρου Βίος, είναι πως η δεύτερη γιορτή είχε οργανωθεί σαν έκπληξη από τους Εταίρους του, μια πρόσκληση που ο Αλέξανδρος δεν μπορούσε να απορρίψει, δεδομένης της ταραγμένης ψυχολογικής του κατάστασης και της αδυναμίας του για το κρασί.
Γνωρίζοντας ωστόσο την εμμονή του βασιλιά, の疑い, 迷信や不安, あなたは、任意の不審な動きについて、特に注意する必要があります. シンポジウムでは、前兆とアレクサンダーの恐怖の一般的な気候の中で見られます, 神々をなだめるために繰り返し犠牲.
それは確かになっソムリエのような人々の、特に警戒する必要があります, イオラーオス, その彼の父のために (NB. アンティパトロス, マケドニア/ギリシャ知事) 彼は疑いを持っていました, 最近、彼は彼の兄弟に対してcheirodikiseiました, Kassandrou.

プトレマイオスはそうでした, 信徒の司令官, サーバント、およびテスターキング, バックアレクサンダーを破壊することを決めた人,1を回す前に、. さらに重要なこと, Midiosは、サーバントの同意なしに、このようなシンポジウムを組織していない、とテスター王決して, 一般プトレマイオスの, アレクサンダーのセキュリティを担当した者.

祝賀会であっても考え方はプトレマイオスだったことは除外されていません, 時間は最も適していたとの事は計画どおりにするとすぐに参加しなければなりませんでした.
プトレマイオスは、さらにいくつかの劇的なタッチの一部の上に置かれ, その日の夕方とプロテウス酔っぱらい存在するようにしてください, 甥Klitou (NB. 別酔っにアレキサンダーによって殺された人)…
プトレマイオス, パワー・マネージャとテスターキング, 彼はどこか近くになっている必要があります, 彼は彼の回顧録でそのようなものを言っていないが、.
確かに, 王国の新聞が言うことから判断します, 印象こと, 王は病気になったと死亡したとき, プトレマイオスは周りがどこにもなかったです. 考慮にプトレマイオスの私たちの役割とポジションを取ります, これはかなり可能性は低いです.
引数のために, ジャスティン (NB. 権限. 季節の著者) 彼はアレクサンダーと「パートナー」または「フォロワー」を招待言います.
王はセキュリティ上の問題と夢中だった場合はプトレマイオスは彼の個人的なボディーガードと「progefstis」だった場合, その後、彼は神秘的なまたは「パートナー」プトレマイオス以外にすることはできませんが、次の, 誰が促していただろう, もちろんです, 招待を受け入れます.
彼らはすべての準備ができていたし、計画は実行フェーズに今渡します.
プロテウスは、固体のガラスでした, ワイングラスを空にし、詰め替えとプトレマイオスは持っていたキーの位置を使用しました, 致命的な毒を飲むように投げるために王と彼の親密な関係: 男性.

使用毒が男性でした, うまくペルシャ帝国の東部地方で古代とかなり広範に知られました, パンジャブ州のように, 最近、アレキサンダーの軍隊によって占められ、さらにはそこに、彼らは効果的な媚薬と考えられていたエリア.
ストラボン, 第十五の本, そのOnisikratoを引用, カルマニア氏は述べています, 東部の州, アレクサンダーは、インドでのキャンペーンの後に戻ったところ, 2つの丘がありました, 男性からの塩および他のの1.
ヒ素による中毒の症状は、強い痛みです, 有機ショック, 強烈な不快感, 過度の口渇、皮膚の炎症.
強い痛みは通常1時間以内に開始します, 体を溶解します.
シチリアのディオドロスは、アレクサンダーはシンポジウムMidiouで、これらの具体的な症状を表して言います:
」...大規模なワイングラスを埋めます, 一息です. 刺すような痛みに巻き込まれているかのようそれと同時に、彼女は叫びました [私の推定で, ちょうど得ていた男性の結果] そして、アパートメントに手が率いる友人の護衛... "
プルタルコスは、同じ症状に言及します, それだけでなく、受け入れ. アッリアノス, より慎重, 彼はいくつかの未知のソースの移転に対する反応としてこれを言及します, ディオドロスのそれとは明らかに同じ, 「ちょうど彼のグラスを空に, 彼は「刺すような痛みを感じたし、祭りの撤退を余儀なくされました.
急性ヒ素中毒は時間以内に死に至ります. ヒ素による中毒の治療のための推奨事項の一つは、嘔吐や胃洗浄であります.
水の飲料たくさんも腎臓が毒を排泄するのに役立ちます, しかし、ほとんどの場合、男性は、特定の死をもたらします.
嘔吐 (強烈な不快感) 彼が飲んだ酒の後, アレクサンダーは少し良く一瞬感じられるだろうし、それはおそらく最初の重篤な症状が穏やかなやりました, 彼らは、医師が言うように.

ブライス, 毒に非常に詳細な研究で, ヒ素による中毒の症状を示しています, 」...舌が膨らみます, 強烈な喉の渇きがあります […] 一般的に観察し、痛みながら、 […] 腹部全体で... ".
ブライスは、以下続けて, ヒ素の単回投与は、すぐに死に至るかもしれないと言って, しかし、第一段階として、長期と致命的な疾患を明らかに.
」...三酸化ヒ素の投与量は、長期かつ致命的な病気をもたらすことができます, 医療現場で最も有名な例そのデューク・デ・Praslenの自殺未遂, 自殺未遂者, 水曜日三酸化ヒ素の用量を服用 18 8 月 1847. このアクションの正確な時間を把握することができません, しかし、最初の症状がで現れるようになりました 10 午後. 彼らは、嘔吐のおなじみの兆候を先行しました, 次の日は下痢を示しました, 失神と非常に弱いパルス.
準備は一時的寛解、これらの症状を観察しました, エッジは非常に氷のようでした, 彼の心が断続的とぐったり機能し、一般的な崩壊がありました. 土曜日には、軽量な発熱を発表しました, 腹部の痛みや優しなし, 嘔吐や下痢. その日何排尿はありませんでした. 日曜日には、患者は激しいpriximo喉を訴えや困難になる嚥下します. 喉の渇きは強烈でした, 言語血色, 口の中の粘膜や咽頭、および患者が肛門に口の中で灼熱感を持っていたとして、.

傷つけると腫れ腹部ました, 彼の皮膚は、あまりにも燃えていました, 時には強く、時には弱い - - 彼のパルスは、迅速かつ不安定だった腸は、注射によって緩和されなければなりません, 尿の量が非常に少なかったです. 夜は全く眠れませんでした.
公爵は彼の最後の息を残しました 4.35 PM火曜日 24 月, 私が病気になったので、六日目. 彼女は最後まで精神明快さを持っていました. 彼は終わりに近づくと, 彼の呼吸はますます悲しくなりました, 彼の体全体を凍結し、動悸を有していました...」.
これらの症状のほとんどは、アレクサンダーのものと類似しています, デュークはすぐに死んだでもない - 病気は、6日間の合計を続きました, アレクサンダーの場合はもう少し続いている間. もちろんです, グランド征服者のフィットネス, 嘔吐やワインは長く生きている彼を保つことができます, しかし、悪は彼が行っていました.
1男性は、多くの形態で見つけました, 多かれ少なかれ強いです. 嘔吐することにより胃をクリアし、私たちはアレクサンダーを満たしていることバーゼル新聞で読ん理由です - ヘファイスティオンで行ったように.
バーゼル新聞, しかし, それはヘファイスティオンをしたとして - - その後、悪化彼らは王の次はより多くの食料を消費していることと. プトレマイオス, ケータリング管理およびテスターの王として, あなたは彼の料理を担当する必要があります. 男性はさらに説得力のある証拠によって確認さアレクサンダーの早すぎる死に先行症状を検出します.

11世紀まで, 男性は自称暗殺者の手にあった最も強力な武器でした.
ellevoroとは異なり、, 誰の心に非常に苦い味と高速なストライキを持っています, 男性はすぐに発見されない場合があります, 症状はマラリアやコレラのものとは異なっていない原因としながら、.
喉の渇きアレクサンダー, 欲望は、バスルームで常に加え指標であります. 唯一の男性は、偉大な悪を持っており、これは後半十九にし、20世紀初頭までに起こった多くのexhumationsを説明します, それが大幅に故人の体の分解を阻害するよう.
二つのソース, プルタルコスとクルチウス共通, 特にこの夏のバビロニアの猛暑にもかかわらず、これをアレキサンダーの身体に起こったと述べています. ブライスは説明しているように:
」...多くの場合、故人の体を維持する魅力的な存在であります. これが起こるとき, 非常に疑わしいです, 本体は、そのような条件に曝露された場合は特に, これは、通常はすぐに崩壊している必要があります. ヨーロッパSpaichert薬剤師の有名場合 (1876), 妻Spaichertの体は彼女の死の後11ヶ月を発掘しました. 棺は、水のプールに浮遊しながら, 女性の身体はミイラのようでした. 体の器官がヒ素が含まれているためです, そこに教会の墓地の土はこれをpeireicheながら、. 氏. P. コックス, 被告側弁護人, 彼はこのように身体を維持している可能性があることをそう説明できませんでした, このような条件下で, それは、ヒ素の使用をしていた場合を除き. そして、この項目, 他のと一緒に, それが重要でした, 有罪判決を受けたSpaichertへ... "
プトレマイオスは偉大な征服者を毒殺するだけでなく、次の日に習得するために管理していないだけ - ロイヤルアーチの守護者と公式テスターとサーバントとして.
彼の病気の最終段階ではアレクサンダーは、フレアを持っていたし、承継の問題には、いくつかの動きを作りました, 彼の後継者ペルディッカスを塗ると公式のリングを実現して.
まだ, 例外なくすべてのソースは、王の病気の最終段階は、王室のチャンバー内で厳重な管理し、最もにエントリを禁じことを強調します.
医師について, 警告, しかし、彼らは、患者の症状を失っていました. 「任意の不思議をn個されていません: 19世紀後半まで, Meimprik中のヒ素の悪名高い場合と同様に、 1880, 多くの場合、医師の誤解, ない被害者の病気の本当の原因を発見するためにヒ素で毒殺されました.

さらに, アレキサンダーの医師の手が自分の不幸な同僚の醜い終了後に「縛られました」, フクロウの医師, ヘファイスティオンの突然の予期せぬ死の後に十字架につけられた者, 一年前.
医師は、介入に消極的でした, ないようにすることによりアレクサンダーの状況が悪化し、彼らに責任を投げました.
プトレマイオスは、文字列を引っ張っただけで終わりに向かって発展の兵士とランクについて通知し、それらが死ぬ王の部屋に入るみましょう, しかし、それは遅すぎました.
ジャスティンがいた疑惑普通の兵士と「陰謀」のランクに言及していることに注意することは興味深いことです, すべてのソースは、軍隊に不安の一般的な状況を説明しながら、....
...プトレマイオス, イアーゴーとして, 忠実な将軍が残りました, 従順な部下は「笑顔であることと、まだ野郎ことができます」....
彼の人生のこの非常に重要な期間中に...プトレマイオスの沈黙, 一人の指導者の生活をしましょう, それはapokalyptikotatiです.
プトレマイオスは、後に何が起こるかのほとんどを占めていたほか.
証拠がないので、アレクサンダー, 鳴かとして, 彼は陰謀の犠牲者となっていたことが疑わ, 彼らは最後の「statistで」彼の帝国を残した言葉や、「最も価値がある」と話したが、, 彼のコメントのように、「彼のスタッフは、最も華麗な葬儀の名誉で準備します」という, 彼らは、アレクサンダーが連続の問題は流血につながることを予測していたという事実に冷笑参照の一種として解釈される可能性が... ".
......................

いくつかの観察や思考....
私は、アレクサンダーは愚かではなかったことを追加します. 他の. 誰もがプレス可能性があり, によって自ら「支持者」の裏切りに間違って, のメーカー.
しかし、「毒」ことを理解することは不可能ではありません.
また, 前述した、と著者自身として, 「男性」毒は、特にペルシャ/アジア/東インドに...古代の世界では知られていました.
だから, だった (論理的にされている必要があります) 完全かつ詳細と知られている症状の.

そして、そこに「知ら毒と症状」であり、「解毒剤」はどこ.
インドの侵略ことを忘れてはいけません, 彼は自分自身を硬化アレキサンダー「地域の専門家」供給「解毒剤との」毒矢印彼プトレマイオスとで負傷しました (それは彼の若さの非常に満足のいく医療訓練した後、熱心に働いていました. 特に、毒で. だから, 個人の持っていました (診断) 「何が起こった」のとまったく同じ症状を持つ年前に彼にとヘファイスティオンを視野に)…
その結果として, これは、「広範な陰謀」コートヤードアレクサンダーました.
そして、非常に非常に「「変装みじん切り, その知性を引き起こし.
続いカバーアップ (そして、続けます) 何世紀.
そして、後に、彼は10日間明快さを持っていたし、突然の「左」ではありません, 誰が彼の後継者になります定義していないという穏やかに逆説的です (彼の子供の) そして、誰 - それぞれ - 成人として玉座のプロテクターになります.

これを説明する唯一の方法.
アレクサンダーは、したがって、非常によく毒と理解しました.
したがって、彼は彼の家族が危険にさらされていたことに気づきました. Πως δεν υπήρχε τρόπος να την προστατέψει. Ούτε αυτήν, ούτε και το Θρόνο.
Κατάλαβε πως δεν υπήρχε τρόπος ούτε καν μήνυμα να στείλει για να προειδοποιήσει την Ολυμπιάδα να λάβει έκτακτα και αυστηρά μέτρα ασφαλείας.
Δεν μπορούσε να εμπιστευθεί κανέναν.
Εάν καταλάβαιναν πως «κατάλαβε» το πιο πιθανό ήταν να βρεθεί με ένα ξίφος στην καρδιά.
Η υψηλή στρατηγική του διάνοια λοιπόν – ακόμη κι εν μέσω αφόρητων πόνων – συνέλαβε τον ΜΟΝΟ τρόπο που είχε εκείνη τη στιγμή να «υπεραμυνθεί» έστω και μετά θάνατον.
Έπρεπε να διατηρήσει την «αυτοκρατορική του εν δυνάμει Ισχύ» μέχρι τέλους και να την «μετουσιώσει όλη σε μια τελευταία εντολή» που κανείς δεν θα μπορούσε ή δεν θα τολμούσε να «παραβιάσει».
Να παίξει δηλαδή το «παιγνίδι» τους παριστάνοντας πως «δεν είχε καταλάβει τίποτα».

Με την «ασυνήθιστη ιστορικά» εντολή το Δαχτυλίδι να πάει «τω κρατίστω».
Τουτέστιν, ο μόνος τρόπος να αναδειχθεί ο «κράτιστος» (ο ισχυρότερος) θα ήταν ο πόλεμος μεταξύ τους.
すなわち, η αλληλοεξόντωση.

だから, θα είχαν συμφέρον να πάρουν την οικογένειά του με το μέρος τους για ν’ αυξήσουν τους «πόντους του» ο καθένας.

Θα είχαν λοιπόν κίνητρο και συμφέρον να τους κρατήσουν ζωντανούς.

Μέσα απ’ αυτή την κατάσταση σύγχυσης, ίσως κατόρθωνε – έστω και μετά θάνατον – να δώσει στην Ολυμπιάδα τον απαραίτητο χρόνο να «χτίσει και να εδραιώσει την ισχύ της».
Διασφαλίζοντας έτσι την Διαδοχή του Αλεξάνδρου από την γενιά του.
Κάτι που δεν λειτούργησε βεβαίως. Ή μάλλον, λειτούργησε «εν μέρει», τους κράτησε στη ζωή για ένα χρονικό διάστημα αλλά που δεν κατόρθωσαν να το εκμεταλλευθούν για να «επικρατήσουν» των ισχυρών αντιπάλων τους.
Οι λυσσαλέοι πόλεμοι των Επιγόνων στάθηκαν η λαιμητόμος της Γενιάς του Αλέξανδρου….

xorisorianews.gr

コメントを残す