Amphipolis.gr | アレクサンドロスと MAKEDONIKI PARADOSI の FILIPPOS

(アボット本から, マケドニア民俗, ケンブリッジ 1903, p. 279-289)

fillip1

「すべては古さを匂い」, アボット氏は述べています, 「この国の二つの大きな王にマケドニアの村人によって起因します. 歌と伝統, そのため、彼らは非常に誇りに思っています, 彼らはそれがフィリップとアレクサンダー・ヘラクレスの時に」減少しました, 完璧な公平性と過去のすべての痕跡を共有する凝縮期間.
ドラマからカバラに行きます, 少し脇の道から, 古代のゲートのコンパクト残党はピリピの遺跡に直面しています. 「アレキサンダー大王の宮殿」として大衆に知られているこの建物の残骸.
すなわち "Sidirokastro" DemirのChissarで, 鉄道テッサロニキ・セールライン上, 古いお城や要塞の遺跡があります, 渓谷を見下ろします, 市が挟まれているの両側. これらの遺跡は、フィリップ王に起因しています. しばらく前峡谷で発見された石の鍋, すぐに安全かフィリップ王のボールトと呼ばれます. 同じロマンチックな伝統の区別, 峡谷を横断するローカル川の岩の銀行で見つかった2つのなめらかな石, 王女の「ランドリールーム」, フィリップ王の娘, 彼らは行くと自分の服を白く, 彼らは今日までMakedonissesを同じように.
セールの谷に2つの個別の岩, すでに「Drakopetres」として報告(1), 「アレキサンダー大王のストーンズ」Nigritaの住民によって呼び出されます, 彼が投げたことを意味しています. 彼は時に住んでいなかったんでした, ロバで言われたことによります, 「神は仮定勇敢」;.
また, 十字架の村の近くに, ハルキディキの東海岸に、すぐ北に多くのStageira位置の, アリストテレスの発祥の地, 山匿名マップが「アレクサンダー・マウンテン」として知られている農民であるか、上昇, あまり正しく, 「アレクサンドラ」, 関連する地域では非常に成功した名
アレクサンダーの有名な先生の名前を持ちます.
クロスの南の村Lymtziasdaです, 地元の人々はアレキサンダーの母親の名前に遡ること (Olympiada), Leakeに応じて減少し、「非常に低いです」. 提供ブラウザ, あまり正しく, Lympiadaとして、村のと語源上の名前は、最初の「O」の失敗とローマの征服後のラテン語の影響による病変の通常の過程の下LymptziadaでLympiadaからの変換と指摘します.
同じ段落ではLeakeノート「そのちょうどアガ城の宮殿、以下の場所で, カラムからのいくつかの残基がまだ見えているところ, 彼らはミントアレクサンダーだったことを言いました.
トルコ人とギリシャ人の両方, でも最貧村人, 彼らはアレキサンダーの歴史を吹き込まれ, 時々この物語は奇妙に歪んでいるものの、, そして、ではない、まれスカンデルベクと混同アレクサンダー ".
アレクサンダーの名前は竜巻の悪魔に挑戦するために使用されている呪文は配信抵抗のさらなる例であります, そしてまた素晴らしいハローを強調しています, 無知の数世紀の間に, 偉大な王の人格の周りに集まりました. 人気の知覚ではアレクサンダーは、アラブ泊で、他の東洋の組成物にソロモンによって占められたものと同様の側面を埋めます. 悪霊の上に不思議な力と信じて, そして彼の名前は追い払うのに十分です………………………
……..人気の名の下物語ということを述べるだけで十分 “アレキサンダー大王の落葉落枝”, それは長いギリシア世界全体で下層階級の好みの測定値となっています, και έχει βοηθήσει περισσότερο από οτιδήποτε άλλο να κρατήσει τη μνήμη του μεγάλου κατακτητή(3) φρέσκια αλλά και συγκεχυμένη. このような多くのタブロイド紙は、ストリート書店からマケドニアの農民で毎年販売し、そのような、私は、クランプの微々たる合計でごみを得ました, に等しいです 2,25 スターリング (2)….”

530748_519483784753126_702692676_n

REMARKS:
(1) ページ 263-64, アボット (Pangaionで国」エッセイA.D.Gousiouを参照…», ライプツィヒ 1894) 「Drakopetres」と指摘 (または「アレキサンダー大王のストーンズ」, ときNigritiniバージョン) 「セールの谷に2つの孤独な岩です, そう遠くない村Lakkovikiaから」, (古いMesolakkia, について 7 今日の新Mesolakkiasの東キロ). Gousiosの説明から、 (P.27) それはDrakopetresがどこかに存在新しいMesolakkia近くに位置していることを結論付けました.

(2) アボット, 示すように, いわゆる「チラシ …», それは出版物「マケドニアのアレキサンダーの歴史グレートを指し、: 生活, 戦争と彼の死」, アテネ, (J). ニコライディス, 1898. また、パンフレットの物語は、最初紀元前2世紀にエジプトに登場した「Psefdokallistheni」の原則であることを強調. そして、関連するテキストの広範な概要を公開.

(3) アレキサンダー大王と現代に続けとthrylloi: 古いのことを言います, Mougila丘でzefgarizanフィールドとして (Xylotrouと園芸の間), το αλέτρι σκάλωνε σε πιθάρια και σε μεγάλες πέτρινες πλάκες. Και η λαϊκή φαντασία έκανε τη «διάγνωση» είτε ότι παλιά το χωριό (Ξυλότρο) βρίσκονταν στη Μουγγίλα είτε ότι εκεί είναι ο τάφος του Μεγάλου Αλεξάνδρου!
Και νατου λόγου το αληθές: «Εντός του χειμάρρου της Τερπνής, μεταξύ των χωρίων Ξυλοτρού (sic) και Φυτοκίουκατά τας ενεργηθείσας εκεί το θέρος του 1950 σκαφικάς εργασίας υπό τηςΥΣΣΥΕΜ, ανευρέθησαν αγγείά τινα, εκ των οποίων το σημαντικώτερον ήτο ερυθρόμορφος κωδωνοειδής κρατήρ των μέσων του 4ου αιώνος π.Χ. (Χρονικά Αρχαιολογικά, Ανασκαφαίεν Μακεδονία και Θράκη …1940-1950, Χ.Ι. Μακαρόνας, ΣΕΛ 648). Σημειώνεται ότι ο χείμαρρος Τερπνής «γλύφει» το ύψωμα Μουγγίλα που βρίσκεται (για όσους ξέρουν την περιοχή) ανάμεσα στα πάλαι ποτέ «τσιαϊρια» και «σιαφάρια» του Ξυλότρου και στον Τσιαρπισ’νό ποταμό (χείμ.Τερπνής).
Ήτοι, αποδεικνύεται για άλλη μια φορά ότι η λαϊκή παράδοση έχει τις ρίζες της, σχεδόν πάντοτε, σε κάποιο πραγματικό γεγονός.
Εικόνα του ωραίου ερυθρόμορφου αγγείου και τοπογραφικό διάγραμμα της περιοχής Μουγγίλας όπου βρέθηκε, και όπως παρουσιάζονται στην παραπάνω δημοσίευση, παρατίθενται κατωτέρω.

コメントを残す