Amphipolis.gr古代アンフィの歴史とそこに起こった信じられないほどのイベント

アンフィは東マケドニアに建てられた古代都市でした, 川のほとりに甲状腺腫, 以前は知られている場所の都市に “9 道路” またはそれに非常に近いです.

Ο Φίλιππος στον Τύμβο Καστά

Kasta墓でフィリップ

アンフィはアテナイによって設立されました 437 例えば. 豊富な原材料の面積を制御するために、最終的に8世紀ADに捨てられました.

もっと
Google のビュー

一年後のマケドニアアレクサンダーのアンフィ王クセルクセスでの軍の残党を破りました.

紀元前5世紀には. アテナイは、重要な原材料に直接アクセスしていた地域を植民地化しようとしました, 関心領域の金と銀Paggeoなどと密な森林彼らの木材のためのアテナイの-the最後.

アテネの最初の試み, 、 465 例えば, 障害が発生した地域を植民地化します. トラキア人peltastsはDraviskos重装歩兵の指骨に墜落しました 2.500-3.000 ナインストリーツ市内のアテネの入植, 誰が儲かる金鉱山をキャプチャするために、トラキア奥地に行ってきました.

現在の同名の村の西に少し, 「Fragkala」で, 識別遺跡 (建築のメンバーとの碑文) 古都, これIdonidas Draviskosの古代トラキア人の都市と一致しています, 救出の名前, 最小限の変更で, 村の古い名前「Sdraviki」.

ストラボンとAppianで市内の言及は、ローマ時代の存在を証明します, αφού υποβαθμίστηκε πιθανώς σε απλή κώμη εξαρτώμενη διοικητικά από την κοντινή Αμφίπολη. 、 465 π.Χ Θράκες πελταστές συνέτριψαν εκεί την οπλιτική φάλαγγα 2.500-3.000 ナインストリーツ市内のアテネの入植, 誰が儲かる金鉱山をキャプチャするために、トラキア奥地に行ってきました.

Το όνομά της Εννέα Οδοί, 市は文字通りそこ大手9つの道をそれを取ったか、そこから起動しました. 彼らは、全体Pangaiouの政治地図のバックボーンでした. すべての通りの先に応じて、, 私が彼に与えられ, 適切な名前.

ナインストリーツはアテナイで破壊されたマケドニアの甲状腺腫川のほとりにHedoniの都市でした , 突然の襲撃者, 事前の原因なし.

具体的には、ペルシャ戦争後, 、 430 例えば, アテネの共和国が自分のコロニーを作成するために、金の軸受領域とその住民の追放をキャプチャすることを決定しました, 純粋であるアテネ一般的に送信し、最終的に彼が占有, 略奪や破壊された立ち退か住民, 消滅を生き残った人たち, 次に、それを同じ場所Amfipolisに構築されています.

トゥキュディデスは述べています : 「この位置, 市は今どこにいます, 以前に植民地化しようとしたとミレトスのアリスタゴラス, τότε που τον καταδίωκε ο βασιλιάς Δαρείος, αλλά εκδιώχθηκε από τους Ηδώνες· それから, ύστερα από τριάντα δύο χρόνια οι Αθηναίοι έστειλαν δέκα χιλιάδες εποίκους και δικούς τους και από άλλες πόλεις εθελοντές, οι οποίοι εξολοθρεύτηκαν στον Δραβήσκο από τους Θράκες.

Η Αθήνα επανήλθε την εποχή του Περικλή, 、 437 例えば, ιδρύοντας την Αμφίπολη. Σύμφωνα με τον Θουκυδίδη η πόλη ονομάστηκε έτσι επειδή ο ποταμός Στρυμόνας ρέει γύρω από την πόλη περιβάλλοντάς την, αλλά για την ετυμολογία υπάρχουν και άλλες θεωρίες. Στην συνέχεια η Αμφίπολη έγινε η κύρια βάση των Αθηναίων στην Θράκη και στόχος των Σπαρτιατών. Και ύστερα από είκοσι εννέα χρόνια, 、 (430 例えば. ), οι Αθηναίοι ήλθαν ξανά με αρχηγό για την ίδρυση αποικίας τον Άγνωνα του Νικίου, έδιωξαν τους Ηδώνες και έχτισαν την πόλη στη θέση που πρωτύτερα ονομαζόταν Εννέα Οδοί.

Βάση για την επιχείρηση είχαν την Ηιώνα, το εμπορικό λιμάνι τους στο στόμιο του ποταμού, σε απόσταση είκοσι πέντε σταδίων από την τωρινή πόλη που ο Άγνων την ονόμασε Αμφίπολη, διότι καθώς ο Στρυμόνας την περιβρέχει και από τις δύο πλευρές σχηματίζοντας αγκώνα, έχτισε μακρύ τείχος από ένα σημείο του ποταμού σε ένα άλλο και ίδρυσε την πόλη, περίβλεπτη από τη θάλασσα και από την στεριά». Κατά την διάρκεια του Πελοποννησιακού πολέμου οι Σπαρτιάτες κατέλαβαν την πόλη. Για την σωτηρία της πόλης στάλθηκε από τους Αθηναίους μία αποστολή υπό την ηγεσία του Θουκυδίδη (του μετέπειτα ιστορικού).

Η αποστολή απέτυχε, γεγονός που οδήγησε τον Θουκυδίδη στην εξορία. Στην συνέχεια στάλθηκε ο Κλέων ο οποίος σκοτώθηκε κατά τη μάχη της Αμφίπολης, μίας σφοδρής σύγκρουσης στην οποία βρήκε τον θάνατο και ο Σπαρτιάτης στρατηγός Βρασίδας. Με την Ειρήνη του Νικία ή Νικίειο ειρήνη, η Σπάρτη δεσμευόταν να αποδώσει την Αμφίπολη στην Αθήνα, κάτι που δεν έγινε και αποτέλεσε σημείο νέων τριβών και ένα από τα θέματα που στάθηκαν αιτία να παραβιαστεί η ειρήνη και να ξαναρχίσει ο Πελοποννησιακός Πόλεμος.

http://greekhistoryandprehistory.blogspot.com/

IMGP0881

Filinnion, 血液の愛

Filinnion, 血液の愛

最古の物語の一つ, ギリシャの古代の女性の吸血鬼の話, それはparadoxografosを煽る提供するものですTrallians (ハドリアヌスのフリードマンスレーブ, 2世紀. 西暦) 「素晴らしいオン」彼の本の中で 2.1 (Paradoxographoi: 作家の奇跡的なギリシャ人, エド. アントニウスヴェスター, Brunswigae, Londini 1839, ΣΕΛ. 117-121). 
物語の後半は耐えます, あなたが最初のソースで読み取ることができるのオリジナルテキストは、以下に引用しました. Filinnionのための哲学を語るプロクラス (5世紀. 西暦) プラトニックコメント:  プロクラス, プラトンレムパブの解説 2, 歴史のギャップの一部を埋めます. 全体的な話は、古いに基づいています (無駄) 文字の数, そのうちのいくつかは、ヒッパルコスや他のArrideusによって書かれました, stepbrother M. Alexandrou.
Τα γεγονότα διαδραματίζονται στην Αμφίπολη(1) 4世紀. 例えば, マケドニアのフィリップIIの統治の間. ヒロインがFilinnionです, ο εραστής της ο Μαχάτης.
Ένα λύχνο γι’ απόψε. 私が点灯します少なくとも. 愛の夜、私はなるだろう. 唯一の薄明かりの彼. かろうじて壁に老朽化flogitsaは、私たちの体を反映しています. Πυρ θα’ ναι το πάθος… πάθος φωτιά που καίει την πέτρα…
Είμαι η Φιλίννιον του Δημοστράτου και της Χαριτούς, korasis Amfipolitissa 14 月と何か. 私はマハトマ・マイロフトを見ます. ペラから私の良いです, XENIOS(2) 私の父. Apsilos Makednos(3) 勇者, ポプラのようなgerokormos, 耳の琥珀色の髪, 海の深い視線, ザクロ熟した唇. Ωραίος ως Μακεδών.
Βάδιζε δίπλα στον πατέρα μου χαμογελαστός, とき甲状腺腫のほとりに私たちの財産でprotapantisa. これは、夏の暑い日の午後でした, 怠惰な時間, 私、私は川で服を洗っ奴隷. ベアフット水, 濡れないように薄いチュニックの太ももを持ち上げました, 浸しました, モールで服を着て海岸やハード打撃を曲げてmisoxepleka毛(4). 汗, 水, 木の上に希少な影, θολή κάψα στον ορίζοντα και στη ρωγμή του Εκείνος.
Χοροπήδησε η καρδιά στο στήθος και αυτό ξεθάρρεψε, orthothikeはそれは湿った布に浸透しているかのように, 私はそれを感じます, 恥ずかしいです, 私は前に私の手を置きます, 何か, 何とかカバー, χαμήλωσα το βλέμμα.
– 私の娘Filinnionを満たすためにマハトマにあなたを、是非, 私の家の群れ! 彼は私の父に言いました, 思います· 私はわかりません, 予想外, の美しさ, 私の恥, όλα μπλέκονταν αξεδιάλυτο κουβάρι στη μεσημεριάτικη λάβρα.
– ナイアード(5) あなたの娘Dimostrate! 喜び自分自身を取得します! 谷Filinnion! αποκρίθηκε ο Μαχάτης κι ένιωθα το βλέμμα του να με καίει.
Αντιχαιρέτισα. 私の目は意気消沈, 恥から赤い頬, もう一度それを賞賛するために出発する憧れ, こっそり, 注意深く, να τον ζωγραφίσω στο μυαλό μου να μην ξεχάσω τη θωριά του.
– 彼の仕事を終了するようマハトマはすぐに私たちの家に滞在します, 私の父は続けました. あなたの母親と一緒に可能な限り最高のFilinnion私のホストの友人を甘やかします, 私の父は続けました. それから彼はそんなに私の娘が疲れない」笑いました, 必要ありません, 彼は言った後、マハトマ次tou.Naでsigoperpatontasを削除」、奴隷は洗うようにしましょう「はい、おそらく私が感じるものが大好き; この見事な心, apokaroma(6) 感覚, 再び彼を見るために憧れ; そして、愛があるならば, そして、何があります; 彼と; 彼が考えています; 彼は私のために何かを感じています; 
「はい」, 秘密は私の耳の神にささやい. 「同時に、あなたはtoxepsa, 胸の右. 経験. Μαζί του».
Έρωτας ήταν λοιπόν. サベージの愛, madding, 絶対, 飽くなき, 無敵. ペリの中庭のドーリス式列の後ろにひそかな視線, 誤って触れます, おそらくロフトから何かを持っていたインスタントxemonachiasmaモーメントのためparafylagmata。そして密かに甲状腺腫のほとりに遭遇, 木々の下に, 葉内, 唯一の川の神とNaiades言いようのない愛を参照してください. フラッシングと恐怖, 恐怖と興奮. 彼らは私たちを見ている場合; あなたは私たちをキャッチした場合; どのように許しがあるでしょう; 慈悲方法; あります. ではない私のために, apartheni娘も彼のために, 乱用者のおもてなし. しかし、再び. 誰がエロスに立ち向かうことができます; ではない私を, όχι ο Μαχάτης.
Έχει μήνα που ζει μαζί μας όσο να τελειώσει τις δουλειές του στην Αμφίπολη. 私はと長い上の部分に入れなければならないことを知っています. すべて延期. すべての私の父に何かをふり. そして今、夜には、私たちは一緒に過ごします· 指の爪 (7) smiximo, 物事は、私たちの質問者が鳴らない絞め, 唯一の小さなランプの光を目撃, 私たちの体のリズムに合わせて振動します, 壁に私たちの塗料やantifengizei黒と白の小石の床に油を注い. 夜に隠します, 夜は生きて...
– 私は私の愛を返します。. 私のために待って, 彼は昨夜言いました. そして、ちょうど来ます, 私はあなたの父にお願いします. 彼らはすべてうまく行きます. あなたは、表示されます. すぐにあなたは私の妻になり、あなたは永遠に私のものになります。
– 彼が来るまで私はここで待っています· どのような,何があれば, 私はあなたのものよ. あなたに与えられました, 私は今あなたに属し、それは変わりません。. 蛹(8) 私, νύμφη μεταξένια γίνηκα στα χέρια σου.
– Filinnionを忘れてはいけません!
– 常に私の愛するを覚えている愛. どのような,彼は心の中に住んでいます, ποτέ του δεν πεθαίνει.
Αυτά είπαμε εμείς, 私たちは話しました, 私たちは、合意されました. 若者をXastochasti, 私は何が可能だと思います, しかし、その後、私は...知らなかった私は待っていたと弱体化, 弱体化して待っていました. 今日, 明日, 昼とさらに別のと別の... Misepse(9) για καιρούς ο Μαχάτης…
Εις μάτην περίμενα με το βλέμμα αγκιστρωμένο στη δύση, ペラへの道. 私が苦しみました. キャリッジが近づくように私は思います, いななき聞こえました; フロントドアへのステップ; 誰かが来ました! 私が見にジャンプ! マイマハトマ; ない. 父の友人, 将軍とパートナー (10), 時々話します, シンポジウムへ, 時々高校に行きます(11) または狩猟のための, 彼女の娘と叔母Timaessa, 街からLampos archidoulosロードされた商品. 倍の時間, あなたが不動産を訪問する口実に, 高さのn西部の壁を越えた「視線の迂回(12) μήπως έρχεται…
Και ξάφνου η καταστροφή! 「Filinnion, 長く育ちました. それは結婚する時が来ました. 私は優れた優れた選択したために, Kratero(13). 私たちの王フィリップとアレクサンダーの長子と密接な関係. 確かに, 狩りに彼の後継者の命を救いました! Krateros受賞, この結婚のために私たちの家族は、将来的には、強力な同盟関係を持つことになりますので...「彼は私の父を話すように続けました, しかし、もう何も聞いていません. 私のめまいが来ました. 気絶. 私は何日間激しく泣いた場合, 私はひざまずいて尋ねた場合, 私は無駄に苦しみに食べると思い詰め停止した場合は.... 私の母美神は甘い言葉を説得することにしようとしていました, 頑固後、それは厳密にサイレント私を見て, 父は言葉を聞きたくありませんでした. 「書き損じKorasidaの癖は、」私の母に怒りました. 「彼が得ることはありません. 私が話され、「終了しています, με τα μάτια του να βγάζουν φωτιά…
Ο γάμος έγινε. 葬祭室Craterosの多くの喜びとglentokopiと死によるゴージャスな花嫁. 私の苦しみは長くは続きませんでした. 結婚式の後の数日, 私は両親に戻りました. 失われた処女と私の不名誉彼女のために至るまでの秘密の会話, Kraterosは、初めに気を取ら, 私の父が輝く胸の金で送られたときには軟化, 彼らはすべて私が病気だとしばらくの間、家の世話をする必要があることを自身の間で合意します, そう、彼らは家族や友人に広がります, 恥の私の父と母は私の屋根を閉じた状態で, 医者は私の病気を確認してきました- 気前支払わ彼- シャット口, όλοι λυπούνταν την έρμη τη Φιλίννιον που δεν πρόλαβε να χαρεί το γάμο της και έπεσε του θανατά… ούτε γάτα ούτε ζημιά.
Αλλά εγώ ξεψυχούσα απ’ το μαράζι μου. 毎日少し. 私はベッドに横たわっていないxanasikothika. 好きではありません. 私は私の涙を飲んだし、私の絶望を食べていました. 私は両親を傷つけます, 不誠実で充電して, 私は見捨てられたと感じました, マハトマは地球の顔から消えました, 愛の偽の誓い, いずれかを返すように願っています. これはでした. 蝶は愛に住んでいました, 太陽が輝いていたし、その翼を燃やし. Μέχρι εδώ ήταν.
Τη ζωή μου δεν την όρισα. 私は自分の死を設定します, 私は言いました. スペクトル(14) 自分の私は、6ヶ月以内に娘時間フロントなりました. ニースと私の葬儀. アンフィのネクロポリスで私たちの家族の墓での預金と悲しげな行列と. 私が最も美しいガウンを着て, 身体上のすべての私のカトラリーと, moschomyrismeniきちんと肉を食べ切り、ベッドの上に横たわり. 彼は私にシモン多くのグッズを置きます, 象牙の櫛と銅ミラー, 金と銀の船, 象眼細工の置物, 彼らはシュラウドヘムで覆われ、その後多くの花と. すべてはずっと泣きました, 私の両親愁い, 哀歌とolofyrmoi私の母の学生や民族主義者は風をリッピング, 親戚が悲しん, 友人や知人が待機してみました, びまん性の痛み, そして、私のための素晴らしいkivouri. 彼らは二重の葉の大理石の墓の扉を密閉し. Δυο πανέμορφες ζωγραφιστές μορφές, ο Πλούτων και η Περσεφόνη, παραστάτες μου στην αιωνιότητα. Κάπου πήρε το μάτι μου μια επιγραφή
«…τεσσαρακαιδεκέτιν τῷδ᾽ ἐκάλυψε τάφῳ»(15). Δεκατεσσάρων ετών, τάφος. Για ποιον να γράφτηκε άραγε; Κοιμήθηκα.

Είμαι τρισευτυχισμένη! Παννύχια (16) η γιορτή του έρωτα με τον αγαπημένο μου. Επιτέλους γύρισε! Με αγκαλιάζει με λαχτάρα, του έλειψα πολύ, 言います, 私なしで苦しん, これは、早く彼ができるようになりました, 何度も何度も永遠の信仰を誓います. 私は私のantidorizeiは鉄を所有与える涙で身に着けているゴールドリング, 両方とも私たちの永遠の組合のシンボル. 私は愛とワインを飲むchrysoklystoガラスを提供します. 彼女は今、私のものです, 私の信念! Δεν θα επιτρέψω σε τίποτα και σε κανέναν πια να μας ξαναχωρίσει. Το τίμημα του έρωτα το πλήρωσα με τον θάνατό μου, δεν χρωστώ άλλο. Ξεχρέωσα και για κείνον. Τώρα θα ζήσουμε μαζί! Οι θεοί το όρισαν, οι θεοί το επιτρέπουν.
– 最愛のマハトマ, 毎晩お近く来ます, 毎晩永遠の愛を混ぜるます. ちょうど私の両親から隠し、それを維持, これまでに言及しないように, 私たちの愛は、秘密の滞在する必要があります, 私は彼に私たちがした最初の夜に語りました, και κείνος το σεβάστηκε.
Την είδα τη Θράσσα που παραφύλαγε έξω απ’ το δώμα και κατόπιν τη Χαριτώ, 私の母, που μας κοιτούσε με γουρλωμένα μάτια, κάτασπρη, ξέψυχη. Αδιαφόρησα. Τώρα πια δεν μπορούν να με βλάψουν άλλο. ほか, όρθρο βαθύ (17) θα φύγω, όπως κάνω κάθε βραδιά.
Μαχάτη, σε θερμοπαρακαλώ πες μας επιτέλους την αλήθεια! ούρλιαξε για μια στιγμή η Χαριτώ απελπισμένη. Ήταν η Φιλίννιον μαζί σου στο δώμα χθες το βράδυ; Στα πόδια σου προσπέφτω ικέτις η μάνα, μίλα μας, πες μας. Μην το αρνείσαι άλλο. Σε είδαμε. Και γω και η δούλα η Θρασσώ. Πες μας την αλήθεια. Σεβάσου τη φιλοξενία του άνδρα μου του Δημόστρατου! Και πίστεψε επιτέλους αυτό που σου λέω! Η Φιλίννιον πέθανε πριν από έξι μήνες και τη θάψαμε στον οικογενειακό μας τάφο. Δεν στο είπαμε εξαρχής όταν ήρθες στο σπιτικό μας, για να μη σε στεναχωρήσουμε με έγνοιες που δεν σου πρέπουν ξένον άνθρωπο. Αλλά η Φιλίννιον είναι νεκρή· και όμως εμείς την είδαμε στην αγκαλιά σου!
Ο Μαχάτης λύγισε μπρος στον πόνο της μάνας και από σέβας προς τον Δημόστρατο. Τους είπε πως αγαπιόμαστε από καιρό, ότι πράγματι περνούσα τις νύχτες μαζί του, ότι γύρισε απ’ την Πέλλα μόνο για μένα, γιατί ήθελε να με νυμφευτεί…έμοιαζε χαμένος ο καλός μου με όλα αυτά που άκουγε. Ποιος θάνατος και ποια κηδεία; Εγώ ήμουν ζωντανή, ολοζώντανη στην αγκαλιά του. Φορές φορές δειπνούσαμε μάλιστα μαζί. Να το χρυσό δακτυλίδι που του χάρισα, το σύμβολο του γάμου μας, να και η στηθοδεσμίδα που άφησα στην κλίνη του το περασμένο βράδυ, για να μυρίζει ολημερίς το άρωμά μου.
Ολοφυρόταν η μάνα μου, βλέποντας το δακτυλίδι και τη στηθοδεσμίδα που μου φόρεσαν στον τάφο, τράβαγε τα μαλλιά της και έσκιζε τα ιμάτια, κατέρρευσε ο πατέρας απ’ αυτά που άκουσε, η Θρασσώ έκλαιγε γοερά σαν σε κηδεία και ο Μαχάτης μου τους κοιτούσε αποσβολωμένος μην ξέροντας τι να σκεφτεί, τι να πρωτοπιστέψει. Σε αυτά που άκουγε πως ήμουν τάχατες άψυχη, παγωμένη, νεκρή ή στις αισθήσεις του που λίγες ώρες πριν χαίρονταν το λάβρο, λουλουδομυριστό κορμί μου; ない, ψέματα του έλεγαν για να τον αποδιώξουν από γαμπρό. Αλλιώς, 追加, ας έρθουν ξανά το βράδυ να δουν τη Φιλίννιον στο δώμα με τα ίδια τους τα μάτια. Θέλουν να με πιάσουν και αυτοί, να δουν ότι ζω, ότι υπάρχω, σκέφτηκα.
Αχ Μαχάτη μου! Δεν κράτησες το μυστικό μας. Αποκάλυψες τα άρρητα, στέγνωσαν οι ερωτικοί χυμοί, πάγωσε το αίμα, χάθηκε η μαγεία και τώρα πρέπει να επιστρέψω δια παντός στον διατεταγμένον τόπον. Αυτή είναι η βούληση των θεών. Η αμφιβολία δεν χωρεί στον έρωτα, καλέ μου. Και σεις γονείς μου, τι κλαίτε και θρηνείτε τώρα; Εσείς με στείλατε στον τάφο με την επιμονή σας να παντρευτώ τον Κρατερό. Όψιμα δάκρυα τι νόημα έχουν, όταν το κακό έχει συντελεσθεί;
Απόμεινα ακίνητη στην κλίνη του αγαπημένου μου, κέρωσα, πήρα πλουτώνεια όψη. Σούσουρο στο σπίτι για τη νεκροφάνεια, διαδόθηκε το απίστευτο στην πόλη, μαζεύτηκε κόσμος στην εξώθυρα, ρωτούσε να μάθει το πώς και το γιατί, πλήθαιναν οι φήμες και οι φωνές που ζητούσαν το άνοιγμα του τάφου για τη διακρίβωση των γεγονότων. Τι ήμουν τελικά; Νεκρή ή ζωντανή; Γυναίκα ή φάντασμα;
Στον οικογενειακό τάφο βρήκαν στη θέση απόθεσης τους παππούδες μου, όλα τους απείραχτα· η νεκρική κλίνη μου αδειανή. Ένα χρυσόκλυστο ποτήρι μόνο πάνω της και δίπλα ένα ανδρικό σιδερένιο δακτυλίδι… Ανησυχία, αγωνία παντού για το ανεξήγητο, συζητήσεις σε κάθε γωνιά της πόλης. Κατάρα φανερώθηκε; θαύμα των θεών προς τιμήν του Έρωτα; Κανείς δεν ήξερε να πει με σιγουριά. Άλλοι πρόσεξαν τα πτηνά που πετούσαν χαμηλά προς τη δύση, μερικοί τους ίταμους (18) που ξεράθηκαν μεμιάς. Στο τέλος, όλοι συμφώνησαν. Κακά σημάδια φαίνονταν στον ουρανό και επί γης. Το επιβεβαίωσε και ο μάντης Ύλλος, άριστος οιωνοσκόπος. Αυτή η ανάσταση δεν ήταν θέλημα του Ερμή Ψυχοπομπού ούτε των Ευμενίδων. Παράγγειλε να βάλουν το σώμα μου στην πυρά, δεν είχε νόημα να ξαναταφώ στον τύμβο, η τελετή να γίνει έξω απ’ την πόλη, στις εσχατιές, μετά να εξαγνιστούν όλα τα ιερά, οι βωμοί των θεών του Κάτω Κόσμου και να γίνουν οι πρεπούμενες θυσίες στον Ερμή Χθόνιο και στον Ξένιο Δία για τον καθαρμό όλων των γεγενημένων ανομημάτων.
Αυτά και έγιναν. Σφραγίστηκε με πυρ ο θάνατός μου και όλοι ξανάσαναν ανακουφισμένοι που ξεφορτώθηκαν το άγος. Ακόμα περισσότερο που εξόντωσαν το φάσμα της Λάμιας (19), γιατί Λάμια με θεωρούσαν, από αυτές που πίνουν το αίμα των εραστών τους για να ζήσουν. Άραγε ήμουν πράγματι βρυκόλακας ή απλώς μια ερωτοχτυπημένη γυναίκα; しかし, どのような,τι κι αν έλεγαν οι άλλοι, ο Μαχάτης μου γνώριζε την αλήθεια του. Και αυτό είχε σημασία. Την άλλη μέρα ήρθε κοντά μου· «υπ’ αθυμίας εαυτόν εξήγαγεν του ζην» έγραψαν στον τάφο του.
————————————-
(1) アンフィ ポリス = Η Αμφίπολη ήταν μια αθηναϊκή αποικία κοντά στις εκβολές του Στρυμόνα, η οποία κυριεύτηκε το 357 例えば. από τον Φίλιππο Βʹ και αναδείχτηκε σε νευραλγική πόλη του βασιλείου του.
(2) XENIOS = φιλοξενούμενος, επίθετο του Δία (Ξένιος Ζευς, ο προστάτης της φιλοξενίας).
(3) μακεδνός = ψηλός (το επίθετο αυτό χρησιμοποιείται ήδη από τον Όμηρο για τα φύλλα μιας ψηλής λεύκας, Οδύσσεια η’ 106: οιά τε φύλλα μακεδνής αιγείροιο). Επίσης σημαίνει μεγάλος ή ουράνιος. Μια πρωιμότερη μορφή της ονομασίας των Μακεδνών (Μακεδόνων) είναι η λέξη Μακέται, που προέρχεται από τη δωρική λέξη μάκος, που στην ιωνική διάλεκτο λέγεται μῆκος (στην αρχαία ελληνική σήμαινε και το ύψος). したがって, Μακεδόνες είναι οι κατοικούντες σε υψηλή, δηλαδή ορεινή χώρα, οι ορεσίβιοι. Προτείνεται επίσης ότι το όνομα Μακεδ((a))νός είναι σύνθετη λέξη, που προέρχεται από το μάκος + έδανος ή εδανός (εδανός= ευχάριστος: Ιλιάδα Ν 172 και έδος=ηδύς, γλυκός). Με αυτή την ετυμολογία, Μακεδνός σημαίνει: μακέτης, δηλαδή ψηλός, μακρύς + εδανός, δηλαδή γλυκός, αρεστός, ευχάριστος, ευώδης, εύοσμος. Σημειώνεται ότι το έδανος σημαίνει είτε το έθνος είτε το γαμήλιο δώρο-α < έδνον, έδνα, εδνάωμαι-ώμαι. また, κατά τον Ησύχιο, μακεδνή – μακεδανή = μακρά, υψηλή. Ήροδ. 1, 56: το δέ (ελληνικόν έθνος) πολυπλάνητον κάρτα… εκ δέ της Ιστιαιήτιδος ως εξανέστη υπό Καδμείων οίκεε έν Πίνδω Μακεδνόν καλεόμενον.
(4) κόπανος = χοντρό και βαρύ αντικείμενο με το οποίο κοπανάμε τα ρούχα, όταν τα πλένουμε στη νεροτριβή, στο ποτάμι ή στη θάλασσα.
(5) Ναϊάδα-ες = νύμφες των γλυκών νερών, των πηγών (κρηνών), ποταμών, λιμνών.
(6) αποκάρωμα = αποχαύνωση.
(7) 指の爪 = νυκτερινό < νυξ (νύχτα).
(8) χρυσαλλίδα = είναι το δεύτερο στάδιο σχηματισμού της πεταλούδας, η οποία ξεκινάει ως κάμπια και, κλεισμένη στο κουκούλι της, περιμένει τη μεταμόρφωσή της σε πεταλούδα. Στην αρχαιότητα ονόμαζαν την πεταλούδα «σκώληκα ή καμπή», ενώ τη χρυσαλλίδα «νεκύδαλλο», δηλαδή «περίβλημα νεκρού» μέσα από το οποίο βγαίνει η πεταλούδα/ψυχή. Γνωστός ο μύθος του Έρωτα και της Ψυχής, φτερωτών μορφών, με τη δεύτερη να ακροβατεί ανάμεσα στον θάνατο και τη ζωή. Από την κάμπια του μεταξοσκώληκα προέρχεται και το μετάξι ή σηρ στα αρχαία ελληνικά.
(9) μίσεψε = ξενιτεύτηκε, ταξίδεψε.
(10) εταίροι = Μακεδόνες ιππείς της ανώτερης κοινωνικο-οικονομικής τάξης (επίλεκτοι), που πλαισίωναν τους βασιλείς ως σωματοφυλακή (βασιλικοί εταίροι).
(11) γυμνάσιο Αμφίπολης = Κατασκευασμένο κατά το βʹ μισό του 4ου αιώνα, ακολουθεί πιστά τον καθιερωμένο τύπο του γυμνασίου της Ολυμπίας, περιλαμβάνοντας την παλαίστρα (47 × 36 m。), στην οποία η πρόσβαση εξασφαλίζεται μέσω μνημειακής κλίμακας, και τους δύο διαδρόμους για τους δρομείς (μήκους ενός σταδίου), ο ένας από τους οποίους ήταν σκεπαστός (ο ξυστός) και ο άλλος υπαίθριος (η παραδρομίς). Οι χώροι της παλαίστρας που προορίζονταν για τη σωματική άσκηση, τη φροντίδα του σώματος (λουτρά), αλλά και την εκπαίδευση, τα συμπόσια και τη λατρεία του Ηρακλή και του Ερμή που προστάτευαν τους αθλητές, ήταν κατανεμημένοι γύρω από μία περίστυλη αυλή δωρικού ρυθμού.
(12) τείχος Αμφίπολης = Η οχύρωσή της περιλαμβάνει έναν μικρό εσωτερικό περίβολο (2,2 χλμ.) που καλύπτει μόνο το αστικό κέντρο και έναν μεγάλο περίβολο (7,5 χλμ.) που προστατεύει ολόκληρο τον οικισμό. Ο δεύτερος περίβολος παρουσιάζει στο βόρειο τμήμα του δύο αξιοσημείωτα στοιχεία που ανάγονται στην περίοδο του πρώτου κράτους (5世紀。). Κατά μήκος του Στρυμόνα, στους πρόποδες της πλαγιάς, είχε διαμορφωθεί ένα μοναδικό σύστημα από ψηλά και στενά φρεάτια στη βάση του τείχους, που επέτρεπε στα ρέοντα ύδατα να διέρχονται από τα τείχη χωρίς να πλημμυρίζουν τα εσωτερικά περίχωρα της πόλης. Στο ίδιο τμήμα η πύλη που άνοιγε προς την κατεύθυνση του ποταμού οδηγούσε κατευθείαν σε μια ξύλινη γέφυρα, στα εξαιρετικά κατάλοιπα της οποίας διακρίνονται δύο φάσεις. Η αρχαιότερη φάση μπορεί να ταυτίζεται με τη γέφυρα που αναφέρεται από τον Θουκυδίδη (4.103 と 108) στην περιγραφή των μαχών ανάμεσα στον αθηναίο Κλέωνα και τον λακεδαιμόνιο Βρασίδα (422 例えば). Το κατάστρωμα της γέφυρας στηριζόταν σε πλήθος πασσάλους, στερεωμένους στις όχθες και την ίδια την κοίτη του ποταμού. Πρόκειται για κατάλοιπα μοναδικού χαρακτήρα στην Ελλάδα.
(13) Κρατερός = ο γνωστός στρατηγός του Μ. Alexandrou.
(14) φάσμα = φάντασμα, μορφή, εμφάνισις, σημείον εξ ουρανού, モンスター.
(15) τεσσαρακαιδεκέτιν τῷδ᾽ ἐκάλυψε τάφῳ = απόσπασμα από επίγραμμα του επιγραμματοποιού Πέρση του Μακεδόνος (έζησε τον 4ο αι. 例えば). Το όλο επίγραμμα στην Παλατίνη Ανθολογία, Π.Α. 7.487:
Ὤλεο δὴ πρὸ γάμοιο, Φιλαίνιον, οὐδέ σε μάτηρΠυθιὰς ὡραίους ἤγαγεν εἰς θαλάμουςνυμφίου, ἀλλ᾽ ἐλεεινὰ καταδρύψασα παρειὰςτεσσαρακαιδεκέτιν τῷδ᾽ ἐκάλυψε τάφῳ
Βλ. http://ancdialects.greek-language.gr/sites/default/files/studies/selections_of_texts.pdf
(16) παννύχια = ολονύκτια.
(17) όρθρος βαθύς = νωρίς την αυγή, ακριβώς πριν το χάραμα.
(18) ίταμος = αειθαλές δέντρο. Στην αρχαία ελληνική μυθολογία ο ίταμος ήταν αφιερωμένος στις Ερινύες, οι οποίες τιμωρούσαν τους ανθρώπους με τη χρήση του δηλητηρίου του. Η Άρτεμις χρησιμοποιούσε βέλη ποτισμένα σε δηλητήριο ίταμου.
(19) Λάμια = Οι Λάμιες ήταν ακόλουθοι της Εκάτης, δαιμονικά όντα με τη μορφή ωραιότατων γυναικών που ξεγελούσαν μοναχικούς άνδρες και ταξιδιώτες και με πρόσχημα τον σαρκικό έρωτα, τους σκότωναν και έπιναν το αίμα τους. Παρόμοια μορφή η Έμπουσα και η Μορμώ (Μορμολύκη). Μεταγενέστεροι αρχαίοι συγγραφείς όλες αυτές τις θεωρούν φάσματα (φαντάσματα).
__________________
Πηγές-βιβλιογραφία
https://books.google.gr/books?id=cgWXuTmtphoC&pg=PA119&lpg=PA119&dq=%CF%86%CE%B9%CE%BB%CE%AF%CE%BD%CE%BD%CE%B9%CE%BF%CE%BD&source=bl&ots=iqa0ouhy1g&sig=NxaI5_18JdbIBHUPRqnbJYR5zhc&hl=el&sa=X&ved=2ahUKEwjm3pTDgdPfAhVN_qQKHbCPC_AQ6AEwA3oECAEQAQ#v=onepage&q=%CF%86%CE%B9%CE%BB%CE%AF%CE%BD%CE%BD%CE%B9%CE%BF%CE%BD&f=false
https://www.theoi.com/Phasma/PhasmaPhilinnion.html
https://tvtropes.org/pmwiki/pmwiki.php/Literature/TheGhostOfPhilinnion?from=Literature.TheBrideOfCorinth
Δ.Β. Γραμμένος (επιμ.), Στη Μακεδονία από τον 7ο αι. 例えば. ως την ύστερη αρχαιότητα, エド. Zitros, テッサロニキ 2011
http://ancdialects.greek-language.gr/sites/default/files/studies/_makedonia_tomos.pdf
http://history-of-macedonia.com/2014/08/29/arxaia-amfipoli-diadoxoi/
http://history-of-macedonia.com/2014/08/19/alexander-marshals-amphipolis/

Βασιλική Χριστοπούλου
ΜΑ, 考古学者

Διαβάστε περισσότεραΑνασκαφή: Filinnion, 血液の愛http://anaskafi.blogspot.com/2019/01/blog-post_69.html#ixzz5cJZL34DZ

大きい画像ギャラリー

嫁菜

ピン
ボード

フォロワー

以下

フィリップは、アンフィに埋葬されました!

アンフィの墓カーストの墓に, 埋葬地はフィリップのために作成されました. 箱状の重大なモニュメントに本体を配置し、後オリンピックとしてクラウニング示されているモザイクを作成. 同時に, 墓碑自体はFilippeionオリンピア志向ました, オリンピックでの彼の勝利のために3回を縁取っフィリップの名誉の古代円形の建物. このため価格は十分に高かったです, 離れフィリペイオンの建設から以来、, 名前を変更し、Myrtali ..seオリンピックの妻.

アレキサンダーの死のために

のバージョン 「有毒攻撃 " (酩酊 「男性」) アレクサンダー.

再び主人公プトレマイオス. 主に - - 一般/ボディーガードが、のプリンシパルとしてすべての責任彼が食べたとアレクサンダーを飲みました.

以下の根拠によると、, 彼の「援助」なし, 毒はどのような方法で彼のガラスに自分の道を見つけることができませんでした「疑わしい司令官」. 彼は彼の作品を得ていたどのように多くの敵を十分に認識した人.

戦争と国家.

速い常に「ファーストクラス」マケドニアに違反する「多国籍帝国」を構築しました。. そのうち、すでに多くを殺しました. 一度に進化しサムシング, 毎日, より速く.

しかしではありません, すべてのこの致命的な危険な陰謀の「背景」はここでそれを見ることはありません. 主に他のものの中にマケドニアの役員は、彼が死んで望んでいた将軍/スタッフの多くは、すぐに次のノートを捧げるますので、.

「生物学的攻撃」のバージョンについては (感染症とアレクサンダーの意図的な汚染, 例えばチフス) 以前に開発されました. 以下の抜粋は、非常に興味深い本「アレキサンダー大王の謎の死」からです, Pの. ドハーティ, エド. Enalios, s.295. ふてくされて、この歴史的な場合に沈黙、著者は深さに用語を分析します (文字通り) 幻想的な「法医学的分析」...

」...プトレマイオスべき, したがって, 5月29日その運命の宴で主導的な役割を果たしています 323 例えば. われわれの情報源は非常に固有のものです. アレクサンダーは公式晩餐会に出席しました. 彼が引退する準備ができていました, 彼はCômoiやごちそうにMidiosによって招待されたとき.
プルタルコスは伝えます:
」...ある日, 彼はネアルコスの名誉に豪華なごちそうを開催した後、, 彼が行ってきました, 通常通り, さわやかなお風呂を取ります, その残りの退職後. 間に, Midiosが来て、彼は饗宴に出席するために招待されたと王はchatiriを台無しにすることができませんでした... ".
ディオドロスは「彼Midios Thessalosを警告することを改めて教えてくれる, CômoiIN出席するために彼の友人の一人」. アッリアノスは実質的に同じで再現します. 印象は、これらすべての文書を与えられたとアレクサンダーの生活に「パンフレット」によって確認されています, これは、第二の祭りがの仲間からのサプライズとして組織されたということです, アレクサンダーは拒否できなかった招待状, 激動の心理状態や弱さのために与えられたワイン.
しかし、王の強迫観念を知ります, の疑い, 迷信や不安, あなたは、任意の不審な動きについて、特に注意する必要があります. シンポジウムでは、前兆とアレクサンダーの恐怖の一般的な気候の中で見られます, 神々をなだめるために繰り返し犠牲.
それは確かになっソムリエのような人々の、特に警戒する必要があります, イオラーオス, その彼の父のために (NB. アンティパトロス, マケドニア/ギリシャ知事) 彼は疑いを持っていました, 最近、彼は彼の兄弟に対してcheirodikiseiました, Kassandrou.

プトレマイオスはそうでした, 信徒の司令官, サーバント、およびテスターキング, バックアレクサンダーを破壊することを決めた人,1を回す前に、. さらに重要なこと, Midiosは、サーバントの同意なしに、このようなシンポジウムを組織していない、とテスター王決して, 一般プトレマイオスの, アレクサンダーのセキュリティを担当した者.

祝賀会であっても考え方はプトレマイオスだったことは除外されていません, 時間は最も適していたとの事は計画どおりにするとすぐに参加しなければなりませんでした.
プトレマイオスは、さらにいくつかの劇的なタッチの一部の上に置かれ, その日の夕方とプロテウス酔っぱらい存在するようにしてください, 甥Klitou (NB. 別酔っにアレキサンダーによって殺された人)…
プトレマイオス, パワー・マネージャとテスターキング, 彼はどこか近くになっている必要があります, 彼は彼の回顧録でそのようなものを言っていないが、.
確かに, 王国の新聞が言うことから判断します, 印象こと, 王は病気になったと死亡したとき, プトレマイオスは周りがどこにもなかったです. 考慮にプトレマイオスの私たちの役割とポジションを取ります, これはかなり可能性は低いです.
引数のために, ジャスティン (NB. 権限. 季節の著者) 彼はアレクサンダーと「パートナー」または「フォロワー」を招待言います.
王はセキュリティ上の問題と夢中だった場合はプトレマイオスは彼の個人的なボディーガードと「progefstis」だった場合, その後、彼は神秘的なまたは「パートナー」プトレマイオス以外にすることはできませんが、次の, 誰が促していただろう, もちろんです, 招待を受け入れます.
彼らはすべての準備ができていたし、計画は実行フェーズに今渡します.
プロテウスは、固体のガラスでした, ワイングラスを空にし、詰め替えとプトレマイオスは持っていたキーの位置を使用しました, 致命的な毒を飲むように投げるために王と彼の親密な関係: 男性.

使用毒が男性でした, うまくペルシャ帝国の東部地方で古代とかなり広範に知られました, パンジャブ州のように, 最近、アレキサンダーの軍隊によって占められ、さらにはそこに、彼らは効果的な媚薬と考えられていたエリア.
ストラボン, 第十五の本, そのOnisikratoを引用, カルマニア氏は述べています, 東部の州, アレクサンダーは、インドでのキャンペーンの後に戻ったところ, 2つの丘がありました, 男性からの塩および他のの1.
ヒ素による中毒の症状は、強い痛みです, 有機ショック, 強烈な不快感, 過度の口渇、皮膚の炎症.
強い痛みは通常1時間以内に開始します, 体を溶解します.
シチリアのディオドロスは、アレクサンダーはシンポジウムMidiouで、これらの具体的な症状を表して言います:
」...大規模なワイングラスを埋めます, 一息です. 刺すような痛みに巻き込まれているかのようそれと同時に、彼女は叫びました [私の推定で, ちょうど得ていた男性の結果] そして、アパートメントに手が率いる友人の護衛... "
プルタルコスは、同じ症状に言及します, それだけでなく、受け入れ. アッリアノス, より慎重, 彼はいくつかの未知のソースの移転に対する反応としてこれを言及します, ディオドロスのそれとは明らかに同じ, 「ちょうど彼のグラスを空に, 彼は「刺すような痛みを感じたし、祭りの撤退を余儀なくされました.
急性ヒ素中毒は時間以内に死に至ります. ヒ素による中毒の治療のための推奨事項の一つは、嘔吐や胃洗浄であります.
水の飲料たくさんも腎臓が毒を排泄するのに役立ちます, しかし、ほとんどの場合、男性は、特定の死をもたらします.
嘔吐 (強烈な不快感) 彼が飲んだ酒の後, アレクサンダーは少し良く一瞬感じられるだろうし、それはおそらく最初の重篤な症状が穏やかなやりました, 彼らは、医師が言うように.

ブライス, 毒に非常に詳細な研究で, ヒ素による中毒の症状を示しています, 」...舌が膨らみます, 強烈な喉の渇きがあります […] 一般的に観察し、痛みながら、 […] 腹部全体で... ".
ブライスは、以下続けて, ヒ素の単回投与は、すぐに死に至るかもしれないと言って, しかし、第一段階として、長期と致命的な疾患を明らかに.
」...三酸化ヒ素の投与量は、長期かつ致命的な病気をもたらすことができます, 医療現場で最も有名な例そのデューク・デ・Praslenの自殺未遂, 自殺未遂者, 水曜日三酸化ヒ素の用量を服用 18 8 月 1847. このアクションの正確な時間を把握することができません, しかし、最初の症状がで現れるようになりました 10 午後. 彼らは、嘔吐のおなじみの兆候を先行しました, 次の日は下痢を示しました, 失神と非常に弱いパルス.
準備は一時的寛解、これらの症状を観察しました, エッジは非常に氷のようでした, 彼の心が断続的とぐったり機能し、一般的な崩壊がありました. 土曜日には、軽量な発熱を発表しました, 腹部の痛みや優しなし, 嘔吐や下痢. その日何排尿はありませんでした. 日曜日には、患者は激しいpriximo喉を訴えや困難になる嚥下します. 喉の渇きは強烈でした, 言語血色, 口の中の粘膜や咽頭、および患者が肛門に口の中で灼熱感を持っていたとして、.

傷つけると腫れ腹部ました, 彼の皮膚は、あまりにも燃えていました, 時には強く、時には弱い - - 彼のパルスは、迅速かつ不安定だった腸は、注射によって緩和されなければなりません, 尿の量が非常に少なかったです. 夜は全く眠れませんでした.
公爵は彼の最後の息を残しました 4.35 PM火曜日 24 月, 私が病気になったので、六日目. 彼女は最後まで精神明快さを持っていました. 彼は終わりに近づくと, 彼の呼吸はますます悲しくなりました, 彼の体全体を凍結し、動悸を有していました...」.
これらの症状のほとんどは、アレクサンダーのものと類似しています, デュークはすぐに死んだでもない - 病気は、6日間の合計を続きました, アレクサンダーの場合はもう少し続いている間. もちろんです, グランド征服者のフィットネス, 嘔吐やワインは長く生きている彼を保つことができます, しかし、悪は彼が行っていました.
1男性は、多くの形態で見つけました, 多かれ少なかれ強いです. 嘔吐することにより胃をクリアし、私たちはアレクサンダーを満たしていることバーゼル新聞で読ん理由です - ヘファイスティオンで行ったように.
バーゼル新聞, しかし, それはヘファイスティオンをしたとして - - その後、悪化彼らは王の次はより多くの食料を消費していることと. プトレマイオス, ケータリング管理およびテスターの王として, あなたは彼の料理を担当する必要があります. 男性はさらに説得力のある証拠によって確認さアレクサンダーの早すぎる死に先行症状を検出します.

11世紀まで, 男性は自称暗殺者の手にあった最も強力な武器でした.
ellevoroとは異なり、, 誰の心に非常に苦い味と高速なストライキを持っています, 男性はすぐに発見されない場合があります, 症状はマラリアやコレラのものとは異なっていない原因としながら、.
喉の渇きアレクサンダー, 欲望は、バスルームで常に加え指標であります. 唯一の男性は、偉大な悪を持っており、これは後半十九にし、20世紀初頭までに起こった多くのexhumationsを説明します, それが大幅に故人の体の分解を阻害するよう.
二つのソース, プルタルコスとクルチウス共通, 特にこの夏のバビロニアの猛暑にもかかわらず、これをアレキサンダーの身体に起こったと述べています. ブライスは説明しているように:
」...多くの場合、故人の体を維持する魅力的な存在であります. これが起こるとき, 非常に疑わしいです, 本体は、そのような条件に曝露された場合は特に, これは、通常はすぐに崩壊している必要があります. ヨーロッパSpaichert薬剤師の有名場合 (1876), 妻Spaichertの体は彼女の死の後11ヶ月を発掘しました. 棺は、水のプールに浮遊しながら, 女性の身体はミイラのようでした. 体の器官がヒ素が含まれているためです, そこに教会の墓地の土はこれをpeireicheながら、. 氏. P. コックス, 被告側弁護人, 彼はこのように身体を維持している可能性があることをそう説明できませんでした, このような条件下で, それは、ヒ素の使用をしていた場合を除き. そして、この項目, 他のと一緒に, それが重要でした, 有罪判決を受けたSpaichertへ... "
プトレマイオスは偉大な征服者を毒殺するだけでなく、次の日に習得するために管理していないだけ - ロイヤルアーチの守護者と公式テスターとサーバントとして.
彼の病気の最終段階ではアレクサンダーは、フレアを持っていたし、承継の問題には、いくつかの動きを作りました, 彼の後継者ペルディッカスを塗ると公式のリングを実現して.
まだ, 例外なくすべてのソースは、王の病気の最終段階は、王室のチャンバー内で厳重な管理し、最もにエントリを禁じことを強調します.
医師について, 警告, しかし、彼らは、患者の症状を失っていました. 「任意の不思議をn個されていません: 19世紀後半まで, Meimprik中のヒ素の悪名高い場合と同様に、 1880, 多くの場合、医師の誤解, ない被害者の病気の本当の原因を発見するためにヒ素で毒殺されました.

さらに, アレキサンダーの医師の手が自分の不幸な同僚の醜い終了後に「縛られました」, フクロウの医師, ヘファイスティオンの突然の予期せぬ死の後に十字架につけられた者, 一年前.
医師は、介入に消極的でした, ないようにすることによりアレクサンダーの状況が悪化し、彼らに責任を投げました.
プトレマイオスは、文字列を引っ張っただけで終わりに向かって発展の兵士とランクについて通知し、それらが死ぬ王の部屋に入るみましょう, しかし、それは遅すぎました.
ジャスティンがいた疑惑普通の兵士と「陰謀」のランクに言及していることに注意することは興味深いことです, すべてのソースは、軍隊に不安の一般的な状況を説明しながら、....
...プトレマイオス, イアーゴーとして, 忠実な将軍が残りました, 従順な部下は「笑顔であることと、まだ野郎ことができます」....
彼の人生のこの非常に重要な期間中に...プトレマイオスの沈黙, 一人の指導者の生活をしましょう, それはapokalyptikotatiです.
プトレマイオスは、後に何が起こるかのほとんどを占めていたほか.
証拠がないので、アレクサンダー, 鳴かとして, 彼は陰謀の犠牲者となっていたことが疑わ, 彼らは最後の「statistで」彼の帝国を残した言葉や、「最も価値がある」と話したが、, 彼のコメントのように、「彼のスタッフは、最も華麗な葬儀の名誉で準備します」という, 彼らは、アレクサンダーが連続の問題は流血につながることを予測していたという事実に冷笑参照の一種として解釈される可能性が... ".
......................

いくつかの観察や思考....
私は、アレクサンダーは愚かではなかったことを追加します. 他の. 誰もがプレス可能性があり, によって自ら「支持者」の裏切りに間違って, のメーカー.
しかし、「毒」ことを理解することは不可能ではありません.
また, 前述した、と著者自身として, 「男性」毒は、特にペルシャ/アジア/東インドに...古代の世界では知られていました.
だから, だった (論理的にされている必要があります) 完全かつ詳細と知られている症状の.

そして、そこに「知ら毒と症状」であり、「解毒剤」はどこ.
インドの侵略ことを忘れてはいけません, 彼は自分自身を硬化アレキサンダー「地域の専門家」供給「解毒剤との」毒矢印彼プトレマイオスとで負傷しました (それは彼の若さの非常に満足のいく医療訓練した後、熱心に働いていました. 特に、毒で. だから, 個人の持っていました (診断) 「何が起こった」のとまったく同じ症状を持つ年前に彼にとヘファイスティオンを視野に)…
その結果として, これは、「広範な陰謀」コートヤードアレクサンダーました.
そして、非常に非常に「「変装みじん切り, その知性を引き起こし.
続いカバーアップ (そして、続けます) 何世紀.
そして、後に、彼は10日間明快さを持っていたし、突然の「左」ではありません, 誰が彼の後継者になります定義していないという穏やかに逆説的です (彼の子供の) そして、誰 - それぞれ - 成人として玉座のプロテクターになります.

これを説明する唯一の方法.
アレクサンダーは、したがって、非常によく毒と理解しました.
したがって、彼は彼の家族が危険にさらされていたことに気づきました. 保護する方法はありませんでしたということ. このどちらも, でも玉座.
彼は、緊急かつ厳重なセキュリティ対策を取るためにオリンピックを警告するメッセージを送信するためにも方法はありませんでしたことを理解しました.
彼は誰を信用しませんでした.
あなたが「理解」することを理解していれば、それは心に剣を発見する可能性が高くなりました.
高い戦略だから知性 - でも耐え難い苦痛の中では - それは死の後に「守る」ためにその時にあった唯一の方法をキャプチャ.
彼は 『「最後に»皇帝の潜在的な力をとする『維持するために違反し、』誰がまたはにあえてないだろうということでした』最後のために、すべてを翻訳しました.
「何かを理解していなかった」ことをふりをする「ゲーム」をプレイ.

「歴史的に珍しい」と指輪は「暫定statists」を行くコマンド.
つまり, 「statist」になるための唯一の方法 (最強) それは、それらの間の戦争でした.
すなわち, 相互退治.

だから, 彼らは、その場所に彼の家族を取得するn「はみんな 『のポイント』を高めるために興味を持っているでしょう.

そこで、彼らは生きているそれらを保つためにモチベーションや興味を持っていました.

混乱のこの状態を通じ, おそらく成功 - 死の後 - オリンピックへ「を構築し、その力を強化」するために必要な時間を.
これ世代から後継者アレクサンダーを確保.
何かが確かに働いていません. いやむしろ, 「部分的に」働いていました, 彼は時間のために生きているそれらを保ったが、彼らの強力な反対派の「勝つ」ために活用することができませんでした.
ギロチンの猛烈な戦争はアレクサンダー世代の子孫が立っていました....

xorisorianews.gr

テスト

 

これは、要素を見出しています

私は、テキストブロックしています. このテキストを変更するには、[編集]ボタンをクリックします. Loremのイプサムのニンジン, ミネアポリスの学部の開発者. 土地の開発者に, 喪の、どちらullamcorperのmattis, バレーボールタンパク質ライオン.



キープ

Amphipolis.gr | アレキサンダー大王の奇妙な死

アレキサンダー大王の奇妙な死

最大の歴史的な謎の一つ, でも、エジプトのスフィンクス実際よりも悪いです, それはアレキサンダー大王を殺した者です.

一部は軽く彼の仲間にアレキサンダーの死を充電したいです. 戦闘中にデューティのわずかな怠慢と言う方へ, ここで指摘 アレクサンダーは、常に主導的な役割を主張しました, 数え切れないほどの時間はマケドニアの不屈の司令官の死につながる可能性.

続きを読む